ゲームやエンタメの話題を発信

ペルソナ3お前もか…ペルソナ3リロード(P3R)の発売でアトラスの完全版商法がまた話題になっているらしい

ペルソナ 完全版商法 アトラス P3R P5R ペルソナ5ロイヤル メタファー リファンタジオ 新作

※当サイトにはプロモーションが含まれています

ここ数日ペルソナ界隈が大変盛り上がっているようですな!

ペルソナ3のリメイク版であるペルソナ3リロード、またペルソナ5のSRPG版であるペルソナ5タクティカが発売決定となりそれに伴ってアトラスの完全版商法がふたたびSNS上で話題となっているようです。

今回はこのペルソナ3リロードやアトラスのペルソナシリーズの完全版商法が話題となっている件、アトラスの完全新作 メタファー:リファンタジオについて解説していきます!

※本記事の大部分は個人の感想・個人的考察となっておりますのでタイトルに関する最新の正式な情報につきましては公式ページ等を参考にしていただけますようお願いいたします。

目次

アトラスの完全版商法とは?

今回2024年初頭に発売予定と発表されたペルソナ3のリメイク版であるペルソナ3リロード(P3R)について

  • P3P(ペルソナ3ポータブル)に登場した女性主人公(通称:ハム子)が実装されないらしいという点
  • P3Fの追加要素についても含まれていないらしいという点

に関して

またしてもアトラスの完全版商法か?

ハム子が好きなのにハム子でプレイできないなんて…

などの感想がSNS上などで多く発信されているようです。

これに関しては管理人もペルソナ3の女性主人公ハム子が好きなのでハム子が登場しないのは個人的にはかなり残念に感じています。

そして今回女性主人公やフェスの要素について含まれないことからしばらくしてからそれらの要素が含まれた「完全版」が発売されるのではないか?とひそかな話題となっています。

こんな風に言われる背景としてはアトラスのペルソナシリーズは基本的に無印版が発売された数年後に追加要素や追加ストーリーが加えられた「完全版」と思われる新作が新たにリリースされることが多いという事情があります。

今までのシリーズで言うと

  • ペルソナ3無印、ペルソナ3フェス、ペルソナ3ポータブル(P3P)
  • ペルソナ4、ペルソナ4ザゴールデン(P4G)
  • ペルソナ5無印、ペルソナ5ザロイヤル(P5R)

これらのRPGゲームのペルソナシリーズ以外でも格ゲーのP4マヨナカアリーナや音ゲーペルソナ4ダンシングオールナイト、ペルソナQやアクション要素を取りいれたサイドストーリー風のペルソナ5スクランブルなど派生作品も多くリリースされています。

上にあげたタイトルの追加要素の違い、上記のタイトルのなかでも特に完全版商法と言われて有名になったペルソナ5ロイヤルについては過去記事でペルソナ5とペルソナ5Rの売り方との比較としてまとめています(ペルソナ5ザロイヤルがひどいと言われている件に関する考察記事)ので詳細が知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

アトラスの新作 メタファー リ ファンタジオも発売されるらしい

そのほかに今回のペルソナシリーズP3R、P5R以外でアトラス発の完全新作「メタファー:リファンタジオ」が発売されることもアナウンスされています。

以前当ブログで書いた公式とはまったく無関係にペルソナ6発売の期待をこめて過去記事のなかでも触れましたがペルソナスタッフが開発に携わっていると言われつつ進行状況がしばらく明らかにされていなかったRe:Fantasyプロジェクトの新作がついに日の目を見るということのようです!

ペルソナ開発チームがRe Fantasy制作に関わっていることは2016年頃から報じられていましたからその経緯を考えるとなんとも約8年もの年月をかけてやっと発売まできたと言えそうです。

話自体が立ち消えになったのかとばかり思っていたけれど開発はひそかに進められていたんだね!

ちなみに管理人が公式のティザー映像を観て感じたこととしては

  • ファンタジーのようだが現代要素も0ではなさそう
  • 主人公は現代の世界の人っぽい?
  • グラフィックのクオリティには若干不安あり…?
  • ティザー映像最後のセリフ「幻想はただの絵空事なんかじゃない」が気になる

などが挙げられます。

以前開発スタッフの方たちのインタビューのなかに「幻想世界はただの現実逃避の場ではなく現実世界とどう向き合えばいいのかどう進んでいけばいいのかを俯瞰して見つける場でもある」という趣旨のことが書かれていて単に剣や魔法を使って幻想世界を歩き回るゲームを作ろうとしているわけではないということが伺えました。

なのでおそらくファンタジー世界が舞台となりつつも現代世界にも通じる人と人とのつながり・価値観の葛藤や完全に現実世界と切り離されているわけではないファンタジー世界の描かれ方みたいなことがされている作品なのではないかと勝手に期待してしまっています。

1つ気になるのが開発期間がかなり長期となっているため2024年にプレイするには少し時代感を感じる作りになってしまってはいないか? という点ですね。

最近のゲームでは開発期間があまりに長いタイトルについて開発当初の技術から最新の技術がかけ離れてしまいリリース時点で陳腐化してしまっているようなゲームを目にすることがあるためです。

ですがティザー映像を観た限りはかなりおもしろそうでアトラスらしい独自性を感じさせる作りになっていそうなので続報を待ちつつ楽しみにしています!

とはいえ正直ペルソナ6やりたいよね…

というわけでアトラスの新作ゲームについて数々の嬉しいニュースがたくさんあったここ数日なんですが、それと同時に

ほかの新作タイトルのリリースが2024年ということはペルソナ6発売はまた遠のいてしまったってこと…?

と少し残念に思っている方もやはりいらっしゃるのではないでしょうか。

管理人である私もペルソナの新作をいまかいまかと待っている内の1人なのでその気持ちすごーくよくわかります。

というか新規タイトルのメタファー:リファンタジオがリリースされるということはもしかしてペルソナのナンバリングはマジで5で終わりという可能性ももしかするとあるのでしょうか?

これまでReFantasyの開発スタッフの方たちのインタビューがインターネット上にもいくつかリリースされていますがそのなかで

  • 新規のヒットタイトルを生み出すことが今のアトラスにとっての課題
  • ペルソナとメガテンだけではアトラスの主要人気シリーズとして少なすぎる

などのお話があり、またReFantasy開発に関わったスタッフの方々の面々を見ても

現在のアトラスはペルソナ6開発よりも新規の新たなシリーズ開発&ヒットのほうに主力を注いでいる

という認識が正しいように思われます。

アトラスがそのようなかじ取りをした経緯についてはあくまでも推測になりますが

  • ヒットシリーズであっても後続ナンバリングタイトルになればなるほどヒットが難しくなる
  • 現代を舞台にしたゲームは特にネタや舞台がマンネリになりやすい

など同シリーズの作品でヒットを生み出し続けていく難しさなどを感じた部分もあるのかもしれません。

シリーズ作が多くなればなるほど奇をてらって作ると「こんなのは〇〇シリーズじゃない」などの声が生まれる可能性がありますし、かといって似たような作りでリリースすれば「過去作の焼き増し」などと言われる可能性もあります。

なので毎作評判のいいヒットシリーズであっても新作タイトルリリースの際の開発スタッフの方々の苦労やプレッシャーは相当なものなのではないかなと思ってしまいます。

特に

  • 学園もの
  • 現代のリアル世界が舞台
  • 歴史もの

などゲームの舞台や世界観に制限があるシリーズというのはどうしてもネタ切れ&マンネリ化が起こりやすくなると言えそうです。

今回のアトラスの新規タイトルがファンタジージャンルとなったのも今後シリーズとして継続しやすいものをという理由もあったのかもしれませんね(ファンタジーというジャンルは許容される範囲が広いのでシリーズを続ける場合にも創意工夫がしやすい)。

アトラスのメタファー リファンタジオが成功しますように!

というわけで今回はアトラスの完全版商法が話題となっている件とメタファーリファンタジオが一体どんなゲームになっているのか? ペルソナ6についての雑感などに対する個人的な感想をまとめました。

本記事は公式とは一切関係がなくあくまでも私の個人的な考えをまとめたものですが気楽に読んでいただけたらと思います。

なにはともあれアトラスの新作リリースはマジで嬉しいね!

アトラスの新作、発売日を今から楽しみに待ちたいと思います!

しろくま

ゲームライター。アクションゲームがびっくりするほど下手なのが悩み。よろしくね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次